[受験生必見]東大生がスケジュールの立て方のコツを教えます!!

受験生の中には


  • 勉強計画の立て方がわからない
  • 計画を立てても実行できない

という生徒は多いです!!


そこで今回は私が行っていた計画の立て方をお教えします。





計画を立てる前に理解しておくこと

考えている女性

まず計画を立てる前に理解しておくことがあります。


それは勉強に関する計画は必ず崩れることです!!


なぜなら人間だからです。

例えば


  • 計画通りに勉強を行ったが成績が思うよに上がらない
  • 疲れや病気で計画していたことができない
  • 計画した時間に勉強しようと思ったがやる気がでない、集中できない

など様々要因で予定が狂います。

参考書を読んだら100%理解できる・勉強する時間になったら勉強をする気になるといったスーパー超人は別ですが、


普通の人間は思い通りに学力を上げることはできず、また思うように集中することはできません。


予定が狂うとモチベーションが下がるので、あらかじめ予定が狂う前提としてスケジュールを作成した方が良いです。





自分の好きな科目と嫌いな科目のランキングを作成しよう

牛の背比べ

計画を立てる前に、自分の好きな科目と嫌いな科目のランキングを作成してください。


自分の好きな科目とは成績が良い科目ではなく、勉強に集中できる科目です。


逆に嫌いな科目とは勉強に集中できない科目です。


このランキングを作成する目的は自分が集中できている時に嫌いな科目を勉強し、あまり集中できていない時に好きな科目を勉強するためです。


当然ですが、集中ができていない時に嫌いな科目を勉強しても全く身につきません!!

従って嫌いな科目を勉強する際は、一番集中できる時間に勉強してください。





時間ではなく勉強内容でスケジュールを立てよう

スケジュール表

スケジュールは時間で作成するのではなく、必ず勉強を行う範囲で作成してください。


多くの人が勉強時間で勉強量を図りますが、私はそれは間違い(非効率)だと思っています。

その理由は


  • モチベーションが下がる
  • 勉強の質が下がる

です。

集中できない時間に勉強を行ってもモチベーションが下がるし、

時間でスケジュールを立てると、勉強時間だけを意識してしまい、勉強の質が下がる恐れがあります。


学力を高めるためには、いかに多くの時間勉強を行うのではなく、いかに集中して多くの時間効率的な勉強を行うことが重要です。





使用する参考書と参考書を決めよう

本だな

使用する参考書は必ず1つに決めてください。

また参考書に加えて使用する問題集も1つ決めてください(参考書の場合基礎、応用で2つの問題集を使用しても大丈夫です)。

2つ以上の参考書を使用しても内容が被ってしまうため非効率です。またスケジュールも立てにくくなります。

参考書を何を使用したら良いかわからない場合は学校・塾の先生に必ず質問してください。





試験範囲に優先順位をつけよう

天秤

志望校が決まっている方は、志望校の試験範囲の配点や難易度、得意•不得意から勉強する優先順位を決めてください。

当然ですが、優先順位が高い科目により勉強時間を充ててください。

優先順位が立てられないという方は、まずは試験範囲の配分が高い科目を優先順位を高くしてください。

優先順位は勉強の進捗度や得意・不得意などで変えてください(できれば1週間のスケジュールを決める際に変えてください)。





スケジュールを立てよう


長期的なスケジュールを立てよう

長期的なスケジュールは、現在から試験日までのスケジュールを立てます。

具体的にはそれぞれの試験科目を


  • 知識をつける期間(前半)
  • 演習期間(後半)

の2つのブロックに分けてください。


知識をつける期間(前半)は、使用する参考書を終わらせる(試験範囲を網羅する)期間です。この期間中に試験範囲の内容を1度は学習した状態にしてください。

演習期間(後半)は、文字通り演習を行う期間です。問題を解く能力を鍛えることに加え、’知識をつける期間’中に学び損なった内容を学習したり、苦手科目・内容の克服を行う期間です。


知識をつける期間(前半)は、参考書と問題集を元に決めます。

1日できるページ数や1分野を学習するのにかかる期間を元に、参考書及び問題集を終わらせられる期間を算出してください。

1日できるページ数や1分野を学習するのにかかる期間は勉強していく中で変えれば良いので、最初は大体で構いません。

また優先順位の高い科目が早めに終わるよにスケジュールを作成してください。



1週間でする勉強範囲を決めよう

短期のスケジュールを立てる際は、1日単位ではなく、1週間単位もしくは数日単位で立てることをおススメします。

その理由は


  • 日によって集中力にばらつきがある。
  • 予定している勉強内容を終わらせる時間と実際に費やした時間にばらつきがある。そのため予定がかなり狂う

など様々あります。



知識をつける期間(前半)中の予定の立て方

始めの内は、1日できるページ数または1分野を学習するのにかかる期間を大まかに決めて、それを元に作成してください。

ある程度勉強が進むにつれて、自分の1日でできる勉強量が分かってきますので、その勉強量を元に作成してください。



演習期間(後半)の予定の立て方

知識をつける期間は参考書は終わらせること(試験範囲を網羅すること)が目的でしたが、


演習期間は試験の点数を上げるための期間です。


従ってその人の実力や志望校によってかなり変わります。僕の考えは参考程度としてとらえて、各個人の方法を作成した方が良いです。従ってその人の実力や志望校によってかなり変わります。僕の考えは参考程度としてとらえて、各個人の方法を作成した方が良いです。


私の場合、

始めに各試験の目標点数を決めました。勉強をしていく中で得意・不得意が変わる場合があるため、その都度目標点数は変えていました。

スケジュールは、2週間に1度第一志望の過去問を解きその点数を元に作成していました(2週間分)。具体的には試験の点数と目標点数の差が開いてる順に優先度を高くしました(センターの試験1月前はセンターを解き、第2志望の試験2週間前は第2志望の過去問を解きました。)。

勉強内容は解いた2週間のはじめに解いた過去問を分析して、分析結果をもとに決めていました。

また過去問だけでは内容が偏るため、別に問題集も解いていました(滑り止めを受験するため第一志望の問題に偏らないためです)。





最後に

女性

今回は私が受験生時代に行っていたスケジュール方法を紹介しました。

私がお話ししたことを1部でも取り入れてもらえれば幸いです。







コメント

タイトルとURLをコピーしました